Woman Insight | 雑誌の枠を超えたモデル・ファッション情報発信サイト

秋メイクのトレンドは?大人色っぽい顔を作る4つのポイント【頬編】

2014/08/28 08:00
キーワード:

今秋のメイクは、今までとガラリと変わり、ふんわりツヤっとしたかわいらしいメイクから、ダークな色味と赤みがポイントになる色っぽい大人のメイクへ! 重厚感ある秋冬のファッションにも負けない“大人色っぽ顔”。具体的には、どのパーツにどんなメイクをすればいいのでしょう?

『美的』10月号「今までとココを変える!大人色っぽ顔を作る4つのポイント」から、眉・目元・頬・口元の各パーツ別にポイントをご紹介します。

※<眉編>はコチラ
※<目元編>はコチラ

今回は、<頬編>です。

P052_059_IND704_0809.indd

血色重視のたっぷりチークから……
「骨格強調シェーディングチーク」へ!

“チーク=血色”ではなく、秋は、骨格を美しく見せるためのチーク使いがキモ! 落ち着いたトーンの淡いローズを、あえて頬骨の下側に入れることで、さりげなく顔立ちを引き締めてくれます。可愛らしさではなく、大人っぽい美人の雰囲気に仕上がります。

P060_065_IND704_0809.indd

【プロセス】

使用コスメ>肌に溶け込むようになじむローズピンク。シャネル ジュ コントゥラスト 160 ¥5,300(限定)

(1)まずはチークを入れる位置を確認

入れるのはココ! いつものように頬骨に沿ってではなく、その下側の斜めゾーンが目安。最初に鏡を見て、入れる位置をしっかりチェックして。

(2)頬骨の下側に沿ってチークを入れる

1で定めた位置に、スッスッスッと3回斜め下に向かってブラシで入れます。顔だちをシャープに引き締めるのが目的なので外側→内側にオン。

(3)頬の高い位置にさらっと軽くのせる

顔色を悪く見せないために、頬骨の高い位置にほんの少し血色感をプラス。チークは新たに足さず、ブラシに残ったごく少量をのせればOK。

(4)全体をぼかして肌なじみアップ

ほとんどチークのついていないブラシで、2と3でのせたチークをふわっとぼかし込みます。頬全体を軽くなでるようにブラシを滑らせて。

 

ふんわり丸く入れていたチークを、頬骨の下側にいれるだけで顔立ちが引き締まるテクは、ぜひ取り入れたいですね。<頬編>に続き、最後は<口元編>をお届けします!(さとうのりこ)

※<眉編>はコチラ
※<目元編>はコチラ

美的2014年10月号

(『美的』2014年10月号)

【あわせて読みたい】

※ひと手間で上向き&たるみなし!年齢が出やすい「横顔」を美しく魅せるメイクテク

※小顔効果も抜群!夏の肌に映える「ほんのり日焼け肌」メイクの作り方

※美容のプロが選ぶ絶対後悔しない「メイクブラシ」人気ランキング

※秋メイクは秋色リップがなきゃ始まらない!”大人の色気”な、3色を紹介

※【2014秋冬】人気ブランドの新作ファンデーションをピックアップ!

Recommendおすすめ記事