Woman Insight | 雑誌の枠を超えたモデル・ファッション情報発信サイト

自撮りの天才!現役JK&CanCam専属モデル池田エライザが「小顔&かわいく」見せる自撮りの神技公開!

2014/08/05 20:30

自撮り。自画撮り。セルカ。セルフィー。
とにかく自分で自分の写真を撮る「自撮り」をする機会はどんどん増えています!
で、せっかく撮るならかわいく映りたいですよね。

そんなわけで『CanCam』9月号では、「自撮りのプロデュース力がすごい!」とTwitter等で評判の専属モデル・池田エライザさんによるおしゃれな自撮りのコツが2ページに渡って紹介されています。どんなコツかと言うと……

CanCam2014年9月号P80

・白いものを顔の前に置くとレフ板効果で美肌に♪

・顔の前に小物を入れると小顔に見える

・友達との2ショット自撮りは、遠近感を出したりポーズに工夫を!

・雑誌で見たようなおしゃれポージングを恥ずかしがらずマネしてみる

CanCam2014年9月号P81

さすがプロのワザ! 誌面にもガチおしゃれな自撮りが多数紹介されています。

しかし、本当はその段階に行く前の、自撮りの基本をまずは知りたい……! と思い、Woman Insight編集部は「さらに基本中の基本を教えてください!」と、エライザさんに聞いてみました!

 

【1】まずは角度を試行錯誤!

①

例えば「エライザちゃんのこの角度がかわいいから私もこう撮る!」と決めつけてはいませんか? もちろんそれでかわいく撮れることもありますが、人によって、小顔に&かわいく見える角度は微妙に違うもの。
斜め前アングルから撮るのは、小顔&デカ目が狙える鉄板角度。そのうえで、少しずつ顔やカメラの角度を変えて研究してみましょう。さらに、たとえ体が写っていなくても背筋はなるべく伸ばすと写真の上がりが違います。

 

【2】小顔に見せたければとにかく「頬杖」!

④

これはすでにやっている方も多い鉄板小顔ポーズですが、したことがない方は是非試してみる価値あり!
また、「目元の力を抜き、涙袋に力を少し入れるとキュートな目元になる」とのことですが、試してみたら難しかったです。素敵な表情を出すためには、顔の筋肉を鍛えるのも大事かも……!

 

【3】横顔を斜め上から撮ると小顔効果抜群!

③

斜め上からのキメ角度を見つけたものの、そればかりではちょっとマンネリだな……という方におすすめしたいのが「横顔を斜め上から撮る」。とにかく小顔効果がある上、正面からの表情とはまた違った魅力が出ます。
友達と写真を撮るときに、「かわいい」だけではなく、一味違ったおしゃれ感を出したいときにもおすすめ。

 

【4】手を使って影を作ると、鼻が高く見える

②

メイクでもハイライト&シェーディングが実はものすごい威力を発揮するように、「光」「影」の威力はあなどれません。自然光でふんわりさせるなど「かわいく見える照明」を研究している方はいても、「影」の力は見過ごしがち。
鼻の前に手をかざして影を作ると……あら不思議、鼻が高く見えるんです! 外国人風のメイクをしたときなどに特におすすめ♪

 

さて、そんな「かわいく見せる&撮る」ことへの探究心のかたまり、エライザさんは現在、9月23日発売予定のモデルブック『@elaiza_ikd』出版プロジェクトを魂を込めて制作中!
セルフプロデュース&セルフメイクで構成する128ページはきっと「かわいく見せる」コツがたっぷりみっちり詰まっているはず。是非そちらも楽しみにしていてくださいね♪(後藤香織)

まいまい、異例の速さで「CanCam」表紙!の秘話を語る(『CanCam』2014年9月号)

【あわせて読みたい】

※自撮りとセルフメイクの天才・池田エライザの作品とメイクのコツを公開!

※現役モデルが伝授!簡単に脚長で写真にうつる魔法のテク2つ

※女子高生CanCamモデル池田エライザが支援募集中!モデルブックを作りたい!

※かわいい写真はアプリで作れる!絶対DLすべきカメラアプリ2つ

※【村越ありさ連載3】日本vs.アメリカ モテる化粧はこんなに違う!

Recommendおすすめ記事