Woman Insight | ファッション・モデル・恋愛、すべての女子への情報サイト

1年で-26kgの料理研究家が伝授!「やせるおかず」作りおき3つのルール【夜レシピ】

2016/02/06 16:00

いま話題のレシピ本やせるおかず作りおき』は、“ダイエット×作りおきという、2大テーマがそろったことが受けて、なんと17万部もの大ヒット!

これを編み出した、料理研究家・編集者の柳澤英子さんは、1年でマイナス26kgも激ヤセしたとか。

長続きさせるため、ルールはシンプル&レシピは簡単に、食事作りが負担にならないことが最優先。「やせるおかず」を作るためのルールは、たった3つです!

★【昼レシピ】1年で-26kgの料理研究家が伝授!「やせるおかず」作りおき3つのルール

柳澤英子さん流「やせるおかず」の3つのルール

1糖質の多い野菜は避けること

食後の血糖値の急上昇を避けるため、野菜の中でも特に糖質が高い「じゃがいも、さつまいも、ガボチャ、とうもろこし」の4種類は避けるのがルール。その他の野菜はまんべんなく、たっぷりと!

 

2水溶性植物繊維を積極的にとる

便秘を解消する「ごぼうやきのこ」など不溶性食物繊維が注目されがちですが、「アボカド、わかめ、オクラ、にんにく」などの水溶性植物繊維も重要。水分をとることで消化吸収をゆるやかにし、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

 

3味つけに砂糖を使わない

和食の調理には、意外と砂糖がよく使われます。血糖値を上げる最たるものなので、「やせるおかず」では使わないのが基本。代わりに、「本みりん」か「アガベシロップ」などを使います。

 

この「やせるおかず」の作りおきレシピ、簡単なのか実際にいくつか作ってみたのですが……本当に簡単!

しかも他の料理にもアレンジしやすい! そして何より美味しい♡

やせるおかず,やせおか,やせる,柳澤英子,ダイエット,作り置き,おかず,レシピ

『美的』3月号掲載のレシピから、3つをピックアップ。

今回は、夜ごはんにぴったり! “鶏もも肉”を使った「やせるおかず」アレンジメニューもあわせてご紹介しちゃいます。

 

Recommendおすすめ記事